県議会臨時議会が開かれ、元米海兵隊員による女性死体遺棄事件に関する意見書と抗議決議が全会一致(自民は退場)で採択されました。これまで米軍に関する犯罪や事件が起こるたびに、政府は「綱紀粛正」や「再発防止」を約束してきましたが、悲劇は何度も繰り返されてきました。

オバマ大統領と会談した安倍首相は「日米地位協定の改定」さえ要請できませんでした。それどころか事件への謝罪すら求めませんでした。日本は本当に主権国家なのでしょうか。

県民の怒りはすでに限界点を超えています。わたしたち沖縄県民の命と人権を守るためには、すべての米軍基地を撤去するしか方法はありません。ましてや新たな基地建設など許せるはずはありません。

今回の県議会決議では「普天間飛行場を閉鎖・撤去するとともに県内移設を断念すること」と「在沖米海兵隊の撤退及び米軍基地の大幅な整理・縮小を図ること」が盛り込まれました。

基地あるがゆえに犠牲となったすべての人々のために、わたしは県議会議員としてこの歴史的決議を実現していくために命がけでがんばります。そのことが彼女への本当の追悼となると信じて。

160526